2017年3月30日木曜日

いちゃもん

近くの生産農家が旬の野菜果物を露店で売る日がある。
地産地消を支援するため、できるだけ野菜果物はそこで買うようにしている。

ある日、出店業者に延々と文句言っているイヤーな感じの人がいた。

「スーパーで買うより安いからあんたとこでずーっと買うてたけど、最近スーパーより高いやんけ! どないなっとるねん?」 みたいなことを大きな声で繰り返し言うてた。

ただ注目されたいのか、誰かにそうやそうやと頷いてほしいのか。
商品の品質についての苦情でもなく、値引きの交渉でもなく、それはただの「いちゃもん」や。

ここで買わんかったらええやん・・・・

2017年3月27日月曜日

映画館で枝豆

映画館のおつまみメニューにEdamameがあった。
そう、枝豆。
ちょっと驚いた

映画館のゴールドクラスでオットと映画を観た。
30席ほどのゆったり空間で、飲食しながら映画を楽しめる。
お席はもちろん快適リクライニング!
火曜日の割引デーに奮発。
ささやかではあるが我々には贅沢な休日の午後やった。

まずラウンジで上映開始の案内を待つ間、スパークリングワインなど飲んで私の気分はマックス浮かれポンチ。
このタイミングでメニュー見て、食べ物を事前注文。
メニューはおつまみ系の軽食が中心。

「映画の中盤にお席へ持ってきてちょーだいね」なーんてこともお願いできる。
映画観てる途中にワインの追加注文も可能。

ここ数年、枝豆はオーストラリアでも人気。
ほとんどのジャパニーズレストランでおつまみに枝豆がメニューにある。

我が家の冷凍庫にも冷凍枝豆が常備されている。
これは便利。
レンチンですぐに食卓に出せるから。
アジア食材店やスーパーマーケットでも買えるようになった。

今度の夏は枝豆育ててみようかな・・・
冷凍じゃない枝豆茹でて食べたい。
まだこちらでは新鮮な枝豆が買えないもん。

ちなみに、この日に観た映画はライオン 25年目のただいま
充実の映画鑑賞デーであった。


2017年3月17日金曜日

白浜 象の飼育員


先日、白浜アドベンチャーワールドでタイ人の象の飼育員が就労中に死亡するという痛ましい事故があった。
和歌山に縁が深い友人がふと頭に浮かび、メールした。
久しぶりに会いたいなと思ったから。
メールの件名に「白浜 象の飼育員」としたところ、その友人からの返信に大笑い。

「象の飼育員に応募しない?」という誘い、または
「象の飼育員を募集してるんだけど、応募しようかな?」という相談のメールかと思ったって。

白浜アドベンチャーワールドで起きたこの事件をすでに知っていたのか、知らなかったのは不明。

この友人のこういうさり気ないけど楽しい表現、情報通で物知りなのにまったく気取らない優しい人柄がホンマ好き。

時々会って四方山話をしたいと切に思って連絡を取り合う、そして毎回別れ際に「話が尽きん。話し足りん。」といいながら再会を約束する・・そんな友人がいること、大いに感謝。


2017年3月12日日曜日

ユキオトコ


自分では敢えて買わんけど、もらうと嬉しいものってある。
気の利いたプレゼントを選ぶ抜群のセンスを持つ友達がいる。
彼女が家族と一緒に日本から休暇でメルボルンへ来て、我が家を訪ねてくれた時にもらったプレゼントがこれ。
冷蔵庫を開けるたびにしゃべるフリッジ ズー ユキオトコ

朝・昼・夜と時間に合わせておしゃべりしてくれるばかりか、冷蔵庫の扉を開けたままの時間が
少しでも長いと「ちょっと! 開け過ぎじゃない?」と警告。
警告無視して扉開けっ放しのままにしていると「おいら、暑いの苦手なんだよー」と泣き脅してくる。

「そらそうやろ、あんたユキオトコやもんな、ごめん、ごめん!」などとと言いながら慌てて冷蔵庫の扉を閉める。

オットは冷蔵庫に住むこのユキオトコ相手に日本語の練習してる。
本人はそのつもりじゃないかもしれんけど。
冷蔵庫の扉開けるたびにユキオトコがしゃべるその言葉を真似したり、ユキオトコの言葉に応えたり。

2017年3月7日火曜日

周辺視野

手元も見辛ければ、加齢による周辺視野の狭さも深刻かもしれん。
インド料理のレストラン玄関入ってすぐの場所に飾られていた等身大のお人形に話かけてしまった、私。

レストランのウエートレスさんやとばかり・・・
「7時に二人電話予約したんですけど」ってでっかい声で言うてしもうた。
オット以外誰も気がつかんかったから良かったけど、それでもえらい恥ずかしかった。