2016年4月29日金曜日

プチ引きこもり

顔面の皮膚疾患治療の後、1週間ほど外出できずにプチ引きこもり。
誰にも会わず、どこへも出かけられず、とほほ。

顔がきちゃな過ぎて最初の数日は頭に紙袋かぶりたいほどやった。

こうなったらしゃーない。
引きこもり期間中は頑張って家事にいそしむことに。
家の中の「やることリスト」のアイテムはほとんどは片付いた。
やればできるやん!

先日、裏庭であお向けに派手に転倒した際の打撲の痛みもほぼ完治。

あとは、ネットサーフィン。
ぷはー

2016年4月26日火曜日

あお向け転倒


裏庭で派手に転倒。
それもあお向け。
 
庭仕事してたオットがすぐに気付いて起こしてくれたけど、夫がいなければあのまましばらく起き上がれんかったやろうと思うほどあっちこっち丁稚(ふるー!)の打撲+ショック。
 
骨粗しょう症→転倒→骨折→寝たきり→認知症・・・
決して他人事ではない。
いつかはこうなるのかも。
 
20歳の老猫が怪訝な目で私を見てた。

2016年4月21日木曜日

中級者

ピアノの先生に「中級者」って言うてもろうた。
え? ホンマですか? 私、中級者?

家に戻ってから先生の言葉を反芻し、手足ばたつかせてこの嬉しさを表現したいほどひとりで幸せな気分になった。

2016年4月18日月曜日

ゼーゼー

散歩の途中に汗びっしょりのジョギングしてはる若いおにいちゃんとすれ違った。
ゼーゼー言いながら腕にバンドでくくりつけてる携帯電話でおしゃべりしながら走ってはる。

一旦止まって汗拭くなり、息整えるなりしてからでもええんちゃう?

2016年4月13日水曜日

テレビ通話

 
 
スーパーのデリカテッセンの売り場で携帯電話使ってテレビ通話してる若い女性がいた。
それもえらいでっかい声。
 
うっかり買い忘れたものに気がついて、しばらくしてから(30分後くらいやったかな?)再度デリカテッセンの売り場前を通った。
なんと!まだその人が同じ場所でテレビ通話してた。
 
スーパーでどうしても今テレビ通話せんといかん理由って何なんやろう?
どうしても携帯電話で顔見て話したい人おらんし、顔見て話さんといかん用事も私にはないからわからん。
 


2016年4月8日金曜日

交差点の大道芸人

信号待ちの交差点に大道芸人が登場。
信号が青に変わる直前に車窓から差し出される「おひねり」さっと受け取るやいなや舞台(?)のソデに引っ込む。

そして今度は反対側へ走って信号待ちの車の前でまた芸を披露。

明らかに違法。
そして危険。

でも、「おひねり」渡す人が結構いてちょっと笑える。

パンダはナンだ

平日昼間のガラスキの電車で、でっかいパンダのぬいぐるみを隣に座らせている若いビジネスマン。
この稀有な光景を目の端に捉えながらも一旦は向かいの席に座った私。

しかし、このビジネスマンに声かけずにはいられなかった。
むしろこのお兄ちゃんは誰かにパンダのこと聞いてほしそうにも見えた。

「このパンダ、どこへ持って行きはるんですか?」

するとこの若いにいちゃん、ちょっと照れながら
「姪の誕生日プレゼントなんです。彼女パンダが大好きで・・・・ プレゼント用のラッピングができないのでこのまま持っていくところなんです。」

はあ、なるほど。

その後もパンダについて似たような質問を次から次へと電車に乗り込んでくる人々に聞かれてはりました。
テープレコーダーのように同じ答えを繰り返すこの若い兄ちゃんがだんだん気の毒に
なってきて、代わりに答えてあげようかしらん、いや、丸くて白いパンダのお腹に「姪へのプレゼント」って書いた紙貼ったらええのに、などと眺めながら車内で退屈せんでよろし。

2016年4月5日火曜日

盆栽と柔道

盆栽愛好家達による展覧会が近所で開催された。
本格的な作品の数々に魅了された。

ところで、その展覧会の宣伝チラシに漢字でなぜかでっかく「柔道」とあった。
なんで?

漢字の意味を解さずに刺青に?な漢字を安易に彫るオージーたち。
盆栽のチラシに書かれた「柔道」の文字はなにやら似たニオイがするなあ。

そうそう・・・・
意味わからんと変な外国語(主に英語)がプリントされたTシャツ平気で着てる人、日本にも沢山いてはる。

まあ、そんなもんなのかもしれん。